FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪深き義母のよがり啼き 24

 幸作が押し込むよりも先に秀美は顔を起こして咥えた。
 呼吸が乱れている上に大きな亀頭が阻んで息苦しさ倍増だが、幸せな苦しさだ。
 初めて触れる夫のシンボル。柳沢の貫きを一瞬忘れて不自然な体勢ながらも深く咥える。
「んうんんっ」
 幸作は堪らぬ快感を示すように全身をビクッと一度大きく揺すった。
 それから、髪を撫でた。
「秀美……秀美、嬉しいよ」
 秀美はうん、うんと頷きたい気持ちの代わりに男根を強く吸った。
 秀美の躰がねじれたことで閉じかけた足を無理やり開かせて柳沢は腰を揺すっていたが、じきに真横にさせて片足を担いだ。
 秀美は顔を前後させて男根をしゃぶる。幸作は喘ぎ、柳沢も張り合うように声を上げる。
 柳沢、幸作との結合部が作る濡れた音と二人の男啼き。それらは、あれほどの不安を消し去った。久しぶりの貫きもあって秀美の膣壁は絶頂前の膨らみを早々に帯びた。それを自身も感じる。秀美は懸命に顔を前後させながら、唯一の呼吸器官である鼻の穴を可能な限り開いて、腰を揺すった。
「あああ、秀美ちゃん。そんなに掴まないでっ」
 柳沢は腰を引き、ハァハァと息継ぎをしつつ「後ろに……なって」と秀美にバックの体勢を取らせた。

「あっ、ああンっ……いやっ」
 秀美は体位を変える間も幸作の亀頭を追いかけて吸った。
 絶頂が間際なのは分かる。
 せめて幸作のモノを体内に留めながら、柳沢で逝きたいと思った。
 秀美が四つん這いになると幸作は正面に来て腰を上げた。咥えやすくなった。
 秀美は右手も添えて幸作を扱いた。唾液を潤滑油にしてヌチュグチュと音を立てる。滑る手の平に加えて粘膜による陰圧をかけながら舌先で亀頭周辺を舐め上げる。伊達に稼いでいたわけではない。それなりに技を持ち合わせている。そして今はその幾多の男たちで得たテクニックを隠す余裕もない。
 秀美のどん欲なまでの口淫に幸作は音を上げた。
「あああああっ、ダメだ。出ちゃうよ、秀美」

 幸作が洩らした声に、幸作の精液を飲みたい気持ちと、でもそうしたら目的である行為に及べないかもという考えが錯綜する。
 小休止を挟んでいる柳沢は、秀美の胸を揉みながら子宮口を先端で捏ねるように腰をくねらせていたが、感化されたようだ。怒涛のような突き上げが始まった。
 秀美は危うく咬み切りそうなところで口から出して喘いだ。
「んんんんんっ……ああっ……すごい……すごいのぉぉぉ」
 膣壁がギュッと柳沢の男根を掴む。
 柳沢の膨張が激しく往来する。
「あああっ……はぁぁぁぁぁ……秀美ちゃん……逝くよっ……っつ」
 いいっ。
 こめかみのずっと奥で幾本の瞬きが見える。
 柳沢の静寂と秀美の戦慄きは同時だった。
 そして、秀美の右手に掴まれていた幸作の男根も秀美の顔面目掛けて白濁の飛沫を上げていた。

関連記事
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。