FC2ブログ

罪深き義母のよがり啼き 23

 柳沢の舌が女性器の凹凸を隈なく這い回る。逝かせる、焦らすの算段などなく、鼻腔に触れた匂いがヌメヌメとした複雑な粘膜以外を消し去ったかのように。
 秀美の裂け目を人生最後のオアシスと比喩した客が過去にいた。
 人間香木とも。
 それほどに、秀美の愛液は潤沢で、かつ、秘孔は男を魅了する匂いを発する。
 秀美の風俗引退時に手放したくないと申し出る者がいたのはこのためだ。

 耐えられない感情の揺れから心を守るための涙が幸作を静かに滲ませる。
 目尻の水滴が膨らみきったところで幸作が秀美の手を離した。腰を浮かせてタオルを外す。
「秀美」
 渇ききった喉がなんとか出したようなささくれた声だ。
 そんなことには気が行かない。秀美は真っ先に幸作の男根を見た。
 野太い血管に支えられている男根が天目掛けてそびえている。
「こ、幸作さん」
 秀美が声を上げると、意思に関係ないさざ波が下腹部に走った。
「はっ……はぁぁぁぁぁぁん」
 柳沢がクリトリスを強く吸い、続けざまに舌で叩き出していた。
 幸作に意識を向けたことへの嫉妬とも取れる舌使いは、尖りを潰すように暴れまわる。
 甘い痺れが太腿をブルブルと震わせる。逃れられない大きな波がすでに真っ赤な総身に襲い掛かる。
 秀美は刹那の無呼吸を宣言するべく、息絶え絶えに告げた。
「あっ……ああっ……はぁ……いっ、逝くっ」
 汗ばむ腹を強くせり上げ、半分浮くようにして全身の恍惚を魅せた。
 爆ぜる白い光の中でも愛する夫の男根を探す。幸作の亀頭の先端は一際膨らみ、先走りの男汁をタラタラと溢していた。

 柳沢はがばっと躰を起こした。
 鼻息を荒げたまま秀美に重なって行く。
 亀頭が秘孔を潜った瞬間、秀美は腰を大きく揺らした。
「あああああああ、ダメェ」
 せっかく幸作が勃起を果たしたのだ。だから、幸作の貫きをという想いがある故の逃れではない。女を開かれた悦びが作った震撼からだ。
 待ちきれないと柳沢は秀美の腰を掴む。秀美の淫香は逝けば逝くほど濃度が濃くなる。その匂いを初めて鼻先に突き付けられた柳沢は今となってはただ猛る男。友人の妻であることなど毛頭ない。
「ああああっ……すごいっ」
 全てを収めてから柳沢は腰を引き、ズンと強く子宮を突き上げた。
「ひぐっ」
 秀美はあられもなく呻く。
 久しぶりだからか、わずかな痛みがある。粘膜一つ一つを拡げられた充満感も。
 けれども、それを悠々凌ぐ快感が肉欲を浮き彫りにする。
「ああああああっ」
 柳沢は雄の叫びを上げてから秀美のブルンブルンと揺れているバストを掴み、顔を落として大きな乳輪をしゃぶりだした。そうしながら、腰を激しく揺する。女体を掘り起こすような動きは力強く膣襞を擦り上げる。
「はっ、はっ、ああっ……幸作さん」
 秀美は柳沢の首に右手を置いて、幸作を呼んだ。
 幸作は柳沢に喘がされる妻の口元に男根を押し付けた。


関連記事
現在の閲覧者数: