FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪深き義母のよがり啼き 12

 ぐったりとすると、見計らったように幸作はズズズッと愛液を吸い上げる。
「あああああンっ」
 秀美の躰が突っ張り、ビクビクビクと震えた。
 幸作は鼻息を荒くしてまた舌を使いだした。 先程と違って全体を吸って、乱暴に舐めまわす。
 膣孔に舌を潜らせて、いっそうの充血をした膣襞を擦ってから、顔を引いて秀美の手を掴みながら仰向けになった。
 秀美は幸作と手を繋いだまま顔に跨る。胸を隠したパジャマを捲り上げて、伸ばされた舌にクリトリスを合せて腰を揺する。
「ああっ、ああっ、幸作さんっ」
 クリトリスを後ろ向きに擦り付けるたびに、電流のような刺激を受けて、ビク、ビクと躰が震えるが無理やり抑え込んで腰を揺する。
 幸作は、まるで渇きを潤す唯一の方法のように口を開けたまま舌を出し続ける。抑制利かぬ熱い息だけが裂け目に施せる愛撫だ。
「あっ、あっ、あっ」
 秀美は自覚ないまま足を開いて右膝を立てる。クリトリスに走る鋭さに、喘いでいた声が短くなる。苦しい。パジャマが幸作の顔の上に落ちる。でも止められない。その先を知っているから。制御不能な震えが太腿に再来する。
「あっ」
 クリトリス、膣襞と燃え盛り、子宮での熱が躰をしなやかに反らせた。
 幸作の手を強く掴み、片方の膝を立てたまま、秀美は二度目を迎えた。
「はぁ……はぁ……もう……無理……」
 カクカクという痙攣に堪らず手を離し、幸作の顔の上に突っ伏すように膝と手を着く。
「でも、中には欲しいだろ?」
「え?」
 出来る? 期待をしないようにと思っても期待は声に出ていたのか、パジャマを払うことなく、幸作は続けた。
「ごめんな、秀美」
 その言葉で分かる。やはり、無理。最も欲しい深い部分の鎮火に努めるために、幸作への想いをいま一度噛み締める。
「い、いいのよ。幸作さんがいてくれれば、そんなの。それに、口で逝かせてもらえるの嬉しいよ」
「考えてくれた? 柳沢のこと」
「もう、やだ。また、その話?」
 秀美は顔を見ないようにしながら幸作の上から下りた。ベタベタな裂け目を拭きたいが、幸作の前ではいまだに出来ない。秀美は幸作に脱がされたパジャマの中のショーツを手に取った。
「本気なんだよ。秀美と俺はしたい。その為ならどんな努力もする。秀美、したいんだよ。俺の大事な奥さんなんだから、ちゃんと男になりたい」
 幸作は躰を起こして秀美を背後から抱きしめた。
「幸作さん。嬉しいけど……でも……」
「女なんだ。感じたならそのまま感じればいい。秀美が俺のモノであることには変わりない。絶対に離さないから。想いが冷めるなんて思うなよ。むしろ秀美が燃えた方が効果が出るかも知れない。出なくても秀美が悦んでくれれば」
 幸作の申し出は職場の友人である柳沢と目の前でセックスをして欲しいということ。目の前で妻が寝取られる。その悔しさで勃起して、秀美との本来の行為に及べるのではないかと言うのだ。
 

 幸作は、秀美と出会った時にはすでに不能だった。聞かされたのは、籍を入れる意思を秀美が示した直後。いつからと言うのは訊いていない。まったく気にならなかった。
 想い合い、キスをして、抱きしめ合う。寄り添い、笑い合って、励まし合う。そんな、自分には縁がないと思えていたことさえ出来れば、なくていいと秀美は思っていたからだ。
 そして、昨日まではそうだった。幸作のもしかしたらに賭けたい気持ちは痛いほど分かる。でも絶対ではない。もしそれでも勃起しなかったら、どんな想いで友達との行為を見るのだろう。それこそ、再起への期待を粉々にするほど自信を無くしてしまうのではないかと考えていた。
 だが、今は少し違う。幸作同様に、もしかしてに賭けたい想いが芽生えてきた。幸作との仲を絶対的に深めたいというのもあるが、あの貫きの記憶が突如現れてしまったというのもある。

関連記事
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。