FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お義兄さんに愛され過ぎ 終

「なんだよ。おまえぇ、美保ちゃんの可愛い顔が台無しだろ。ティッシュで拭いて拭いて」
 お義兄さんは、お友達に言いながらおまんこに当てていたバイブを外した。わんわんスタイルの私のお尻の方に回った。
「なんで?いいだろ?すっごいやらしいのに」
 お友達はザーメンにまみれた私の顔をそのままに、また私のお口の中におちんちんを入れた。
 先っぽの部分だけを挿れて腰を前後に揺すって鑑賞し始める始末よ。自分のザーメンにまみれた女が懲りずに自分のものを咥える、なんていう様子が気に入ったらしい。
「はぁ♡♡ああ、また逝っちゃう♡出ちゃうよ」
 お友達は独りで喘ぎだした。
 このお友達を私は好きにはなれない。でも、すごく興奮する。なんでだろうね?

 お友達に呆れたお義兄さんは、おまんこローターをぬぽっと抜いた。
 お尻はまだ入っている。ブルブル揺れている。快感に逆らえなくて、おまんこ口はパクパク開閉する。
「ケツ、やらしい。美保ちゃん、いくよ。おちんちんでも逝っていいよ」
 お義兄さん、お尻の穴を見ながら亀頭でおまんこを撫でた。
「はぁうっ」
 ビクンとしてから、ついお尻が左右に揺れちゃった。おねだり反応を楽しみながらお義兄さんは入ってくる。
 絶頂感で狭くなったヒダヒダをお義兄さんのおちんちんが擦る。擦る。
「うううっ、気持ちいいよ、美保ちゃんのまんこ」
 お義兄さんは根元まで収めたおちんちんで私のおまんこの中をかき混ぜた。
 ぐちゅん。ぐちゅん。
 音が鳴る。
「ああ♡ああっ♡ダメ、美保ちゃん。すごく出したい」
 お義兄さんは、おまんこからおちんちんを一回出して休憩させた。代わりにおまんこに指を二本入れて粘膜をグチョグチョかき回す。
「あああ、こんななのにきついよ。こんなドロドロなのに。やばいね、これでも逝っちゃうかも」
 お義兄さんはおちんちんを掴んで再度トライ。
「あああ、気持ちいい、気持ちいい」
 私の腰を掴んでおちんちんを激しく突き刺す。ゆっくりからだんだん早く。
 グチュ、グチュ、グチュ、グチュという音が私の躰の中だけじゃなくて、部屋いっぱいに拡がる。
 あああ、いいよぉぉ。お義兄さんのおちんちん、気持ちいい。
 今日もすんごく気持ちいい。
 お尻の穴のブルブルも効いているよぉぉ。
 お義兄さんの前後運動でお友達のおちんちんが口から外れて、私の鼻先を弾いた。
「ああ、ダメ、ダメ。俺も出したい」
 お友達は私の頭を両手で掴んでおちんちんを収め直す。
「おら、気持ちいいか?出して欲しいか?」
 私のお口をおちんちんでいっぱいにしてお友達まで腰をふりふりする。
「ああ、すげ。この子マジでやらしい」
 お友達は、おちんちんをさらに大きくした。睾丸が疼いて、先っぽはもう爆発寸前らしい。
「あああっ♡あああっ♡、気持ちいい♡ああ♡やばい♡」
 もうっ、お友達はうるさい。顎だっていい加減に痛いの。
 それでもがんばって私はお口を開けてお友達のおちんちんを唇とお口の中の粘膜でしごいてあげる。

「美保ちゃん、手」
 お義兄さんは腰を前後させながら絨毯についている私の右手を掴んだ。
 左手も。
「んんん」
 思いっきり引っ張られて私の上半身は宙に浮く。でもおちんちんがお口に刺さっている。
体勢を支える為に足をさらに開いた。おちんちんの深度が深まる。
「ああああ、すごい。美保ちゃんのまんこの奥まで届く」
 お義兄さんのおちんちんは容赦ないの。子宮が壊れちゃうぅぅ。ああん、壊れちゃうよぉ。
 私の気持ちに反して、とっくに下がっている子宮の入り口はお義兄さんのおちんちんにムチュムチュと吸い付く。
 激しく擦られる膣口はおちんちんが抜け落ちないようにと強く絞まる。
 躰は正直ね。快楽に貪欲よ。
「はぁ、イクッ。イクッ。出る♡」
 お義兄さんは取りあえずの最期に向けておまんこを突きまくる。
 おっぱいがブルンブルン前後に揺れる。
 そのおっぱいをお友達が腰を振りながら揉む。こねる。潰す。
「はぁ、はぁ、まじ、出る」
 お友達はおちんちんで私のお口の中をえぐるように腰を振り上げる。
「ほら、また出る。出る、出るぞ」
 お友達の腰は激しさを増すの。
 以前の私だったら、確実にギブアップ。吐き気しか感じられなかったはず。お義兄さんに鍛えられたおかげで、第二のおまんこ化に出来たのよ。そういう所はお義兄さんに感謝だな。

『ああああ』
 二人の男の声がハモッた。
 瞬間、あれほど激しかった振動が躰から消えた。
「ああっ、はぁぁぁぁぁぁ。いっぱい出た」
 お義兄さんはザーメンを私の子宮に押し込んでから残りを搾り出すようにゆっくり動く。
お友達はやっぱりおちんちんをお口から出して、クチュクチュという音を手で立てながら私の顔にビュッビュッと吐き出した。
「ああっ、ああっ」
 顔が熱い。二発目なのにかなりの量
 私は、目を閉じたままお友達のおちんちんを舌で探して、ザーメンの飛び出た穴をチュッと吸ってあげた。
 お義兄さんは私の両手を後ろに引っ張っていた力を緩めた。
 お友達のザーメンまみれの私の顔はゆっくりと絨毯の上に落ちた。
 肩が痛い……顎も痛い……疲れたよぉ。

 でもね、まだまだおちんちんがビンビンな二人は容赦ない。
「ほら、脱いで」
 お義兄さんは、背中にあるフリフリエプロンのピンクの紐を外した。持ち上がったままのお尻の間にはおちんちんがはまっている。お尻の中もブルブルいっている。
 私はされるがままにエプロンを脱がされてプルンプルンおっぱいむき出しの裸になった。
「うお、すっげ気持ちいい」
 お義兄さんはお尻の穴の中のローターをゆっくり引いた。
 どうやら、おまんこに入ったままのおちんちんを弄るように刺激するみたい。
「まんこまでブルブルする」
 出口近くまで引いてはまた押し込む、ことを数回した。
 まだまだ出したりないお友達は言った。
「早く、俺もまんこ」
 お友達は横になってすでにスタンバイ。おちんちんを右手でブンブン振っている。
「お前、すげぇな」
 お義兄さんはやっぱり呆れている。
「美保ちゃん、仕方ないからそいつの上に乗ってやってよ」
 お義兄さんはお尻の穴からローターを、おまんこからおちんちんを引き抜いた。当然、おまんこからはお義兄さんの出したザーメンが流れ出す。
 それでもかまわず私はお友達のところまでハイハイしてお友達の足を跨いだ。少しずつ、膝立ちでお腹まで上がっていこうとする。
「あっ、やっぱ見してよ」
 お友達はがばっと起きて私の太腿を掴んだ。
 突然で私はお友達の膝のところに尻もちをついた。
「すっげぇ、やらしい」
 お友達は、おまんこの周りに絡みついた濃厚なザーメンに見惚れながら言った。
「ほじったら、もっと出るか?」
 おまんこに指を突っ込む。
「お前、よく人のザーメン触れるな」
 お義兄さんは言う。お友達は関係ない。
「ほら、出る。うわっ、出てくる」
 指に誘われて奥に残っていたザーメンが出てきた。
 お友達は、ザーメンまみれの私の顔とおまんこを交互に見て喜んでいる。
 この人は、こういうのが好きなのね。
 私は、おまんこをほじられる快感の最中に感慨深く思った。
「ほら、来て来て」
 お友達やっと横になって右手でおちんちんを立てている。
 私はそのおちんちんをおまんこの中にズブズブと沈めた。
「ああン♡いいっ♡」
 やっぱり気持ちいい。
 疲れてたって。あっちこっち痛くたって、気持ちいい。
 私はお友達の上で腰を振りまくった。
 お友達は私のブルンブルン揺れるおっぱいを揉みながら負けずに突き上げる。
「ううっ。気持ちいい。生まんこ、気持ちいい」
 お義兄さんも負けてない。
「ちょっと、ケツ挿れるからジッとして」
 私の背中を押した。
「え?本当に挿れるの?」
 私は背中を強く押されて動けない。
 お友達は仕方なくジッとした。
 でも私のおまんこは経験のない期待感にムキュムキュ絞まる。
「やべっ、まじで気持ちいいから」
 お友達のおちんちんはビクビク応える。
 何かがブニュッと入れられた。
 一回、二回とお尻の穴を突かれる。でも滑るのか、お義兄さんのおちんちんはなかなかお尻の穴に入らない。
 三回目……メリッ。
 亀頭の先がお尻の穴に入った。お尻の穴が思いっきり開かれたかと思った。
 ローターとは全然違う。ひぃぃぃぃぃ、痛い。
「あああああああっ、痛いよぉ。お義兄さん、痛い」
 私は快感よりも苦痛の方が勝った声を上げた。実際に勝っている。気持ち良くない。
 腰が割れるぅぅ。お尻が裂けるぅぅ。
 でもお義兄さんは、
「ああああっ」
 と、切ない声を上げながらおちんちんをお尻の穴に沈めていく。
 ああん、痛い。お尻の穴がいたいよぉぉ。壊れるよぉ。
「おおおおおっ、来るのが分かる」
 お友達は歓喜の声を出す。
「ああっ♡気持ちいい♡まんことは違うきつさでパツパツだね」
 全部を収めたお義兄さんは動き出す。待っていたお友達も動き出す。
「ああああ、いやぁ、いやぁ」
 私は予想以上の痛みにお尻から背中の筋肉が引きつる。
「あああっ、すげぇ。ああ、気持ちいい」
 お友達はおっぱいを強く掴んで腰を振りまくる。
「あああっ、美保ちゃんのお尻の穴……お尻の穴、気持ちいい♡」
 お義兄さんも私の腰を掴んで抽送に励む。

 おまんこもお尻の穴も火が点くほどに擦られて私は訳が分からなくなった。ブニュッって入れられたものはまったく役に立たない。
「やだ、お義兄さん、やだよ」
 ああんっ、痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い……痛い……え?あ……痛い?
 あれ?痛かったはずが、いや、痛いのだけれども……なんか、気持ちいい。
 え?気持ちいい???
 その変化はすぐに声に出た。
「え?あ、ヘン……ヘン……だけど、ああっ♡いいっ♡いいかもぉ♡」
 おまんこの周りの括約筋が一気に絞まった。私の腰も自分から弾み始めたの。やっぱり躰は正直だ。自分からおちんちんにそれぞれの粘膜を擦り付けている。
「ああ♡もっと♡ねぇ、もっとぉぉぉ」
 苦痛から喜悦に変わった私の声を聞いてお義兄さんは叫んだ。
「うわっ、そんなにケツ振ったら、出るって。美保ちゃん……ああ、出る♡」
 お尻の穴がさらに熱くなった。と思ったらその奥がもっと熱くなった。
「はぁ、すっげいい」
 お尻の中に出したお義兄さんはおちんちんを抜く為に腰を引こうとした。
 そこにお友達は言った。
「待って、俺も逝くから♡イクから♡」
 お友達は、お義兄さんのおちんちんをおまんこの肉壁を通して感じながら昇天したかったみたい。
 怒涛のような突き上げの後で私のおまんこの中に出した。
 お義兄さんはお尻の穴からおちんちんを抜いた。
 まだまだ、イけそうだ。
 お友達は、私をゴロンと乱暴に倒しながらおまんこからおちんちんを抜いた。当然、両方の穴から出てくるザーメンを鑑賞する。
 両方の穴をほじってまでして、さらなるザーメンをかき出した。
 ホントにこのお友達は変わっている。
「マジでこの子、俺も欲しい」
 お友達は私をうつ伏せにして、私のお尻の穴におちんちんを突きたてた。
 私は新たな快感を覚えながら、このお部屋を追い出されなきゃいいなぁぁ、なんて心配をし始めた。
『喘ぎ声がうるさいんですけど』
 なんて、苦情で。
 そんなの恥ずかしい。哀しい……くはないか。
 ああ、でも、平気かも。だって、大家さんは男だもん。
 いざとなったら……ね。
 私はそれを思い出して心置きなく叫んだ。
「あああっ、もっと♡もっとお尻にもおまんこにも出してぇぇ」

 素敵な大学生生活を満喫できそう。

       ―終わり―


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。