FC2ブログ

お義兄さんに愛され過ぎ 12

 お義兄さんがいなかったら、とっくに飛び掛かっておまんこにおちんちんをインしているんだろうな。
 そんな気迫を放つお友達。
 おっぱいモミモミしかしていないのに息が荒い。
 目が血走っている。……それは薬のせいかしらん?

「あっ♡ああああんっ」
 私は腰をくねらせて声を上げた。
 お尻から回されたお義兄さんの右手をヌルヌルおまんこに感じたからだった。
「ほら、ちゃんと触ってやれって。下もビチャビチャだぞ」
 相変わらず私の耳たぶを舌でチロチロ舐めている。
 お義兄さんは、私のおまんこをこねくりまわしてヌルヌルにした指で私の唇をなぞってから、その指を口の中に挿し込んだ。
 ああん、私の味。
 私はお友達の見開いた目を見ながらその指で口の中をかき回された。
 凌辱の極み?
 涎がツゥーッて口から垂れた。
「やらしい。美保ちゃん」
 耳元のお義兄さんの声にぞくぞくする。二人が欲しくて、おまんこがウェルカーム。腿までが濡れてくる。
 私はわざと口から出した舌でお義兄さんの指の間までレロレロする。私の口の周りは涎とまん汁でヌルヌル、ぐちゃぐちゃ。
 もちろん熱い視線はお友達。
 こうやってあなたのおちんちんを舐めてあげるぅ、感満載の視線はどう?
 お友達は、お口をあんぐりした後で覚悟を決めたらしい。我慢の限界もあるでしょ♡
 胸のエプロン部分を無理やり真ん中に寄せたと思ったら腰を屈めて、ピンク色の乳首がピンピン立っているおっぱいにしゃぶりついた。
「あああっ、やん」
 言いつつ、私はお友達の頭を思いっきりホールド。お友達の顔が、おっぱいにめり込んだ。
 もー、なるようになれっ。気持ち良くしてくれるまで離さないんだから。

「おっぱい。あああ、もっとして。気持ちいい。このおっぱい、いい匂いするよ」
 お友達は、メロンおっぱいにめり込んでいるのにもかかわらずに顔を左右に振って悦びを表している。
 ああん。嬉しいな。そんなに悦んでもらえて。
 私の恐怖はとっくにどこかに吹っ飛んでいる。
 おまんこの悦びには何も勝てないのよ♡

 お義兄さんはお義兄さんで私の首から肩を舐め始めた。おちんちんは、私のお尻を叩くように左右に揺れている。
「ねぇ、立っては無理ぃぃ」
 子宮が暴動を始めている。早くおちんちんんんんって叫んでいる。
 鼻息荒くおっぱいを舐めまわすお友達に私は体重を預け始めていた。腰がカクカクしてきて私の足はとっくに内股。
 サンドイッチ攻撃に私の頭はおかしくなりつつある。
 その足にお友達は手を伸ばした。
 ゆっくりとエプロンを捲られるのを腿の気配で感じると頭を抱える両手に力がこもった。
 鼻まで潰されて苦しそう。おっぱいをべろべろしているお友達のモゴモゴ声が聞こえた。
「す、すごいよ。お、おまんこの……ここまで垂れてる」
 ヌルヌルを腿に確認した手はもう止まらない。一気におまんこまで上ってそのいやらしい柔らかさを堪能し始めた。
 くちゅくちゅと手の平全体でおまんこをこねられて私の膝はプルプル震えだす。
 あっ、あっ、子宮が熱いの♡
「お願いぃ。本当に無理なのぉぉ。横になりたいぃ」
 甘々声でお願いしてみた。
 そんな私のお願いに二人は興奮するみたいなの。全然やめてくれない。いいよって言ってくれない。
 とうとうお友達は膝を着いた。エプロンの中に潜り込んだの。
 フンフンと鼻息を感じた直後に、ガバッと足を開かせられた。
「あ」
 やんっ、こんな恰好、恥ずかしい。
 でも、興奮するぅ。
 ほらほら、私のおまんこ舐めなさーいって言ってるみたい。
 内股をがに股にした途端、真ん中をチュウゥゥってディープキスされた。
「はぁぁぁんっ」
 私は天井を向いて声を上げた。おまんこから体中に何かが走ったよう。当然、腰を落としそうになる。
 そうはさせまいとお義兄さんはエプロンから飛び出している私の爆乳を両手でムンズと掴んだ。
「ほら、ちゃんと立って。このまままんこ舐めてもらって美保ちゃんが逝ったら横になっていいよ」
 ふにゃふにゃしだした躰をお義兄さんは無理やり立たせようとする。いじわるぅぅ。踏ん張ろうと力を入れれば入れる程に気持ち良くなっちゃうんだよぉぉ。
「ああああん、お願い。お願いだから許してぇぇ」
 お義兄さんの熱いおちんちんをお尻に擦り付けながら甘えてみた。
 お義兄さんにはそんなの関係ないのね。
「ほらほら、もっと気持ち良くしないと美保ちゃんは逝かないぞ」
 下のお友達に檄を飛ばし始めた。
 さらには、お義兄さんも加勢するためにおっぱいを支えながら乳首を指先でコリコリしだした。
 この刺激、おまんこ直撃です。
「ああ、ひぃぃ。だめぇ。ねぇ、だめぇ」
 お友達はお友達で負けていません。
 熱い舌でクリトリスをべろべろ舐めては、穴を塞いでチュウチュウ吸う。
「ほら、もっとまんこ汁出せよ」
 なんて言いまでする。
「そ、そんなに、そんなにおまんこ吸われたら間に合わないよぉぉ」
 叫んじゃった。
 絶対にここに住んでいる人たちは私のアンアン♡声を聞いているよ。
 男の人も確か住んでいるんだよ。そのうちマワされちゃったらどうしよう。今みたいに。
 なんてことを思えば思う程、気持ち良くなっちゃう。
「あはぁぁんっ、いい」
 だってこのお友達、子宮を吸い出す勢いでチュウチュウするんだもん。膣道が気持ちいい。ローターとはまた違う快感に目覚めちゃう。

「ああ、うまい。この娘のまんこマジ美味い」
 お褒めに預かり光栄です。
 お友達の舌がおまんこの穴を出たり入ったりを繰り返す。
 ああ、来ました。逝きます。昇ります。昇天しちゃいますぅぅ。
 ああ、止まらない腰から下への震え。
「ああん、お義兄さん。逝く。美保、逝くっ、逝くっ。イクよぉぉン♡」
 私は、お義兄さんの首に後ろ手に両腕を絡めて腰を振りだした。
「ああっ、ああっ」
 私はガンガンに腰を振りたいの。自分のお部屋が自分のお汁でいっぱいになったっていいんだもん。
 でもお友達が腰を押さえつけている。
「動くなよ。舐めれないだろっ」
 エプロンの下からドスきいた声が聞こえる。
「だって、はぁぁ、はぁぁ、逝くんだよぉぉ。イキたいよぉ。もっと舐めて。おまんこの中まで、中までべろべろしてぇぇ。熱い舌で。ねぇ、その熱い舌でぇ、逝くのぉぉ」
 私が叫ぶと
「はい。ストーップ」
 と言って、お義兄さんは、おっぱいを離した。
 どうしてか、お友達も口を離した。
「ふにゃ?」
 急に支えを失くしたから、私は膝を震わせながら部屋に敷かれている絨毯にへたり込んだ。
 心臓の大きなドキドキに合わせておまんこがパクパクしている。力を入れたら逝っちゃうかも。
「あ、ああっ、もうっ。逝きそうだったのに」
 息も絶え絶えの私は、まん汁で濡れている口を手で拭っているお友達を見ながら言った。
その間、お義兄さんはコレクションの入った引き出しをごそごそ。
 コレクション……は、お義兄さんが揃えているローターやら電マよ。
「逝く時はみんな一緒でしょ。次は美保ちゃんが俺たちのおちんちんをお口で気持ち良くするの」
 お義兄さんは手に取ったワイヤレスローターを腰を下ろしたお友達に渡した。お友達は、ローターを珍しそうに眺めた。スイッチまで入れて、ブルブルを楽しんだ。
 ああ、ちょっと。初心者なのは分かるけど、余計な電池使わないでよ。
 逝く寸前の電池切れはその後何回昇天したって治まらない怒りを生むのよ。でも、そのブルブルを見るだけで私のおまんこは涎を流すの。
 こういうのをなんて言うんだっけ?
 そうそう、パブロフの犬だ。
「バイブだと美保ちゃんはすぐ逝っちゃうんだよ」
 そう言っているのにお義兄さんは片手にバイブを持った。
 お口でもなんでもするから早く逝かせてよ。
 何でも……何でもいいからさ。
 いきなり突き放されて火照りが治まらない。
 それどころかエッチなおもちゃを持った男二人に挟まれて私の頭はパンク寸前。
 いや、もうしている。
「ふーん。こういうのが好きなんだ」
 呑気に言うお友達の手を私は焦れる思いで待った。
「何、見ているの。美保ちゃんは逝きたいんでしょ?挿れて欲しいんでしょ?自分の手でおまんこを開いて挿れてもらうんだよ」
 お義兄さんは言う。
 自分でって。
 私の瞳に映るお友達はニヤニヤ。
 なのよぉ、おちんちんヌルヌル、ビンビンのくせにぃぃ。
 私は膝立ちでお友達にすり寄って、ピンク色のエプロンの裾を顎に挟んだ。
 そのおかげでエプロンから飛び出していたおっぱいは隠れた。
 それでもお友達にしてみれば両手でおまんこを開いて
「お願い。挿れて。」
 って言う方が刺激的だったみたい。
 足を開いてM字開脚を披露したのに、
「ここまでおいで」
 意地悪する。
 ローターを指先でクリクリしている手は絨毯に置かれている。まるでカサのない大きなキノコが生えているようよ。
 そこに腰を下ろしながら、自分のおまんこに収めろっていう事みたい。
 なんか、すごく、すごく、おちょくられているみたい。
 恥ずかしい。恥ずかしいよ。
 お義兄さんは絶対に後ろでそんな私を見ているのよ。自分の手で入れるんじゃなくて、置かれたローターに自分のおまんこをかぶせるところ。
 でも、それがまたいい。
 そもそも我慢が出来ないもん。
 私はまたスリスリと寄って、お友達の手を跨いだ。
 そして、手に狙いを定めて腰を下ろした。
「スケベだな」
 お友達はニヤニヤしながら呟くけれど、そんな言葉を聞いていられない。
 そもそも、今の私には最高の褒め言葉よ。
「あああっ、ああん」
 ローターがクリちゃんに当たって声は出たけれど、実はもうちょい、もうちょい後ろなの。
「ああああああっ」
 ヌルヌルの入り口にローターの先が当たると大きな声が出た。こんなの余裕で飲み込んじゃうよ。
 私の声を合図にお友達は
「ほら、エサだよ」
 と言って、奥まで押し込んでくれた。
「あああん。気持ちいい」
 私のお尻はお友達の手の上で丸を描いた。
「こっちも突っ込もうか?」
 あ尻の穴を触りながらお友達は言う。
 ヤ、嫌だよってちょっと前までの私は言ったのよ。
 いやいやっていうのを無理やり突っ込まれたのよ。
 でも、今の私は、
「挿れて♡」
 なんて囁いて自分からお尻の穴緩めちゃうんだもん。お義兄さんのことをとやかく言っていられない。


関連記事
現在の閲覧者数: