FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お義兄さんに愛され過ぎ 5


「み、美保ちゃん、立って」
 おちんちんの先っぽだけを口に入れてカリの周りを舌で何周もしていた。そんな時にお義兄さんの上ずった声が聞こえてきた。
 やだやだ、もっとベロベロする。チュウチュウする。頼まれていないのにお義兄さんのおちんちんに吸い付いた。奥まで飲みこんで根元までズッポリ。
 あれ?さっきより楽かも。
「あああああ、ダメ。お願い、美保ちゃん立って」
 やだっ、離さない。
 両手でお義兄さんの腰を掴んだ。
「おら、立てって。突っ込むんだから」
 怖い声で言ったかと思ったら、
「ホント、無理。美保ちゃんの中に挿れたいの」 
 お願いされる。
 もう、しょうがないな。
 私はおちんちんを口から出した。
「はぁ、やらしい。やらしいよ」
 唾液の糸にお義兄さんはため息を洩らした。
 私はお義兄さんに引っ張られながら立ち上がった。すぐに壁に押し付けられた。
 ヤン、背中が冷たい。
 思った時にはお義兄さんは私の左足を持ち上げていた。
「美保ちゃんが挿れて」
 お義兄さんの左手はおっぱいをモミモミ。
 男の手の平に収まらない私のおっぱいってどんだけ大きいのよ。
 お義兄さんの手はそのおっぱいを持ち上げるように揉んでいる。
 私は左手で私の唾液でヌルヌルのおちんちんを掴んだ。シャワーのお湯で流されたと思いきやおまんこはグチュグチュに濡れている。
 ああっ。
 声には出ないけれど、お義兄さんの亀頭をおまんこの入り口に感じると口が開いた。
「ああああっ、くるぅぅ」
 おちんちんから手を離して、お義兄さんの肩を掴んだ。おまんこを通るお義兄さんのおちんちんは途中まではゆっくりゆっくり、でも、子宮近くになるとグイッと勢いよく突き上げた。
「ああっ、いいっ。やっぱ、美保ちゃん、すげぇいい。入った、入った。根元までズッポリ。見てよ、入っているところ」
 口を開けてお義兄さんの目を見ていたけど、そう言うから下を向いた。
 でも、見えない。大きなおっぱいしか見えないの。
「み、見えないよぉぉ」
「え?そうなの?デカすぎだよ、おっぱい。ほら」
 お義兄さんは掴んでいたおっぱいを横に寄せた。
 なんとか自分の大きな二つのおっぱいの間におまんこに突き刺さるおちんちんを見た。陰毛と陰毛がコンニチハしている。
「あああン。やらしい。すっごいエッチィィィィ」
 恥ずかしさは子宮をキュンキュンさせる。その子宮のキュンキュンはおまんこの絞まりを良くしちゃうのね。
「おおおおっ、絞まるゥゥ♪」
 お義兄さんは腰を震わせた。
「ほら、見てて。美保ちゃんのまんこにさ。俺のおちんちん入るの。見ててよ」
 お義兄さんはおっぱいを掴み直して腰をゆっくり動かし始めた。
「ああ、やぁぁぁ。もっと……もっとシテ」
 言うのに、お義兄さんはご丁寧に亀頭を完全に抜いてから再度押し込む。その度にヌルヌルだけどキツキツのおまんこの入り口は窄まったり拡げられたりする。
「ほら、ほら。美保ちゃんのまんこにぃ……俺のおちんちん……入っているでしょ。あんなに洗ったのに……こんなに、中……ぐちゃぐちゃ。あああああ、グチャグチャだよ」
 お義兄さんは自分のおちんちんが私のおまんこに……妹に突き刺さる様子に夢中みたい。
 そう言えば、さっきも見ていたような……。
 やっぱり男の人って、自分のおちんちんがおまんこにはまっているのを見るのが好きなのかな?
 ぬちゃ……ぬちゃ……。
 おちんちんがおまんこを擦る度にそんな音がするの。でもね、私はそんなゆっくりなのじゃなくて、連打されたいの。ズコズコズコッていう速いのがいい。
 我慢できない私は腰を揺すった。
「うおっ、絞まる」
 言っているのに、腰の動きを速めてくれない。
「速いの。速いのがいいのぉぉ。お義兄さん、早く突き上げて。美保の子宮に届くほどぉぉ。おちんちん、もっと欲しいぃぃ」
 叫んだ声がお風呂場の中に響いた。
「しょうがないなぁ。じゃあ、お願いして」
 おっぱいをモミモミとしながらお義兄さんは言った。顔中に優越感を漂わせている。
 ほらほら、淫乱お嬢ちゃん、おちんちんでおまんこを気持ち良くしてって言ってみな、なんて顔よ。
 もう、何でよ。挿れたいって言ったのはお義兄さんでしょ。
 思ったけれど、こうなったら女は弱いのね。早く気持ち良くなりたいもん。
「お義兄さん、動いて」
 上目使いで言ってみた。
「違う、違う。もっと丁寧に」
「丁寧って」
 もう。丁寧って何よ。調子に乗っちゃって。
 でも言っちゃう。
「お義兄さん、おまんこにおちんちん挿して動いてください」
「よしよし、はい、もう一回」
 言いながら乳首をこねた。
「あっ……んっ、お義兄さん、おまんこにおちんちん挿して動いてください」
 悔しいよぉぉ。悔しい。
 でも、何かしらね、この敗北感。
 すっごく気持ちいい。
 だって、おまんこピコピコキュンキュン止まらないもん。
「お願い、お義兄さん。おまんこ擦って♡」
 心からのお願いの声が出た。
「そんなにさ、そんなにいいの?俺のおちんちん」
 お義兄さんも我慢の限界だったみたい。だって私の顔は恥ずかしさと悔しさと、でも甘えもあって……そんなのが合わさった顔だったんだもん。
 おっぱいから手を離したお義兄さんは最後の名残とそのおっぱいを噛み噛みしてからちゅうちゅうと吸い出した。
「ああああンッ。だぁ、だめ、ダメダメ。お義兄さん、お願いしたでしょ。早くして。おまんこに早くして。おちんちん動いて」
 このままだとおっぱいで逝っちゃう。
「じゃあ、いくよ」
 おっぱいに歯形を残したことで満足したお義兄さん。すぐになでなでする様に優しく触っていた子宮をガンガンと突き上げ始めた。
 当然、両方のおっぱいは上下にユッサ、ユッサ揺れる。
「あっ、あっ、あっ、あっ、お義兄さん♡いいっ、いいっ♡」
「美保ちゃんのおっぱい。デカデカおっぱいが揺れてる。揺れているよ」
 お義兄さんは、二回目と言えないほど腰を使いまくる。こねくりまわしながらヌチャヌチャとおまんこにいわせた後で突き上げながらグチュグチュと鳴かせる。
「あああ、アアン。すごいっ、奥まで。おちんちんがおまんこの奥までくるぅぅ」
「美保ちゃんのまんこの奥、ここ気持ちいい」
 お義兄さんは、真っ赤な顔をして私をお風呂場の壁に押し付ける。おちんちんを使って私を押し付ける。
 そんな私のおまんこからはエッチな飛沫がびゅんびゅん飛び出る。気を抜いたら滑りそう。
「あっ、ああっ、ああっ、お義兄さん……イクよぉ、逝くっ、おまんこ、イクッ」
 おまんこがおちんちんをしごくように蠕動運動を始めた。
「あああ、俺も……俺も、イクから。美保ちゃん、またまんこで俺の吸って……ほら、出るから。俺の出るよ、美保ちゃん。美保ちゃんの中……おまんこに出るッ」
 ああっ、すごい。
 膣の奥にお義兄さんの熱い体液を感じる。熱すぎて子宮が蕩けちゃうよぉ。
 出し切ったお義兄さんは、余韻を感じることなくズボッとおちんちんを抜いた。そして、私の腿を掴んだまましゃがんだ。
 私のおまんこは、おちんちんを抜かれても震えながらわずかに口を開けている。
「うわっ。二発目なのにこんなに濃いの出ちゃった」
 お義兄さんは、私のおまんこから生み出される自分の精液を眺めた。
「あぁ……はぁ……お義兄さん、気持ちいい」
 私のおまんこから溢れ出たお義兄さんの精液がお風呂場の床にポタンと落ちた。
 
 翌日、何事もなかったように朝御飯をお姉ちゃん、お義兄さんの三人で食べて、不動産屋さんに行った。
 私が借りたいお部屋を見ながら、お姉ちゃんとお義兄さんは仲良さそうに話をしている。
 私はそれを横目で見ながら、ここでお義兄さんに犯される妄想をしていた。
 裸でエプロンとかやっちゃおうかな。ご飯を作りながらおちんちんを入れてもらうの。お口を塞がれながら。
「声、出すなって」言われながら……おまんこをガンガン突き上げてもらうの。
 なーんてね。
 あーあー、やっぱりパンツ濡れてきちゃった。
 
 納得したお姉ちゃんとお義兄さんに不動産屋さんで無事に契約してもらえた。良かった良かった♪
 その足で一度家に帰った。
「もう一泊すればいいのに」
 帰り際にお義兄さんはそんなことを言ったけど、考えていることは見え見え。
 もっとハメハメしたいよぉって顔に書いてある。
 私は後ろ髪を引かれる思いで家に帰って、ルンルンと引越しの準備をした。
 引越し当日はお父さんとお母さんが手伝ってくれた。娘の部屋が気になったらしい。
 持ってくる荷物なんてたいしてないから、すぐに終わった。その後の買い出しの方が大変だったくらい。
 お父さんとお母さんは、お姉ちゃんの家に行ってお義兄さんに頭を下げた。
「美保をお願いします」
 お義兄さんは私を見てニヤッと笑った。お姉ちゃんどころか、お父さんとお母さんを騙している。でも、それが最高の気持ち良さを作っちゃうのよね、なんて。私、そんなに性格悪かったかな?
 気持ちがいいことって、人格を変えちゃうのかも。嫌な人間にしちゃうのかな。それはイヤだな。未来の彼氏のために。
 
 そんなこんなで、私の一人暮らしは始まった。初めの頃は、大学のオリエンテーション、サークルのお試し参加とかで忙しいの。
 そうそう、アルバイトも探さないと。お金も男も必要だけど、やっぱり一番は友達でしょ。
 女子大生らしい、ファッションセンスも欲しいな。
 ご飯だって、ちゃんと食べなきゃだし。
 私は毎日、勉強以外の場所で頭をフル活用した。
 そんなことは学生の経験があるお義兄さんだって知っているはずなのに、忙しいからとお部屋に入れないとすぐにむくれるの。
「お義父さんとお義母さんにお願いされたんだから」
 平気でそんなことを言うのよ。
 でも、むくれた時のお義兄さんはすっごく気持ちいい。
「だって、美保ちゃんのまんこ気持ちいいんだもん。ずっと、ずっと挿れていたいんだよ」
 最後は優しく言うけど、途中まではすっごい乱暴。
 私を乱暴に扱ってくれる。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。