FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専務のチンポはスケベ色 終

 終わってからお腹を拭かれた。甘い余韻なんてなかったかな。浴衣を着てこっそり一人でお風呂に入りに行った。大浴場に。誰もいない、と無警戒で入ったら同期とばったり会って飛び上がるほど驚いたことを覚えている。
 翌朝、専務を探したけれどいなかった。そう言えば、初日の観光にだっていなかった。夜だけ来て、宴会出て、私を喰って、朝早く発っていた。
 でも、このことがきっかけで専務との関係が始まった。
 当時は、一般人が持てる携帯電話なんてないから、(あのシモシモ~のでっかいのはあったのだろうけど、見たことないわよ、実物は。私よりももっと上の人なんだろうね、バブリー謳歌したのは)密会の打ち合わせは社内でだった。
 そう言えば、ポケベルは、さらに数年後だったな……シミジミ。

 何回目かの時、初めてのおもちゃを経験した。この時には、専務のチンポにだいぶ慣れていた。
 思い返せば、専務が脱がしてくれたのは何回目までだろう。いや、付き合った男が脱がしてくれるのは何回目までだ?私の場合は二回ぐらいまでだなぁ。お風呂を先にしないと落ち着かないのよね。そのお風呂のお湯溜めもほぼ私の任務だけど。
 男の人って、チンポを咥えてもらうの好きだよね。この時の声色も色々だけれど、専務はほぼ無音の人だったな。
 気持ちいいの?良くないの? 今だったら確実に『つまんねぇ』になる部類。
 嘘でも、アンアン言って欲しいのよ。うぉぉぉ、うおぉぉって。
 ギリギリまで我慢して、『あ、やばい。気持ちいい』って吐息のように言うのもアリだけどねン。

 あ、専務をイジメて嬉しかったことがある。
 専務はベッドの上で仁王立ち。私はその専務のチンポをお口でご奉仕。手の平と唇を幾度もスライドさせてスケベチンポを味わっていた。
 手の平でしごきながらさりげなく舌をタマタマに移動させてから押し上げて、お尻の方まで這わせた。
「あっ……ダメだろ」
 言うから、面白くて真下からタマを口の中に入れて吸った。ダメって言うくせに専務の腿が少し開いた。唾液でヌルヌルのチンポを手で摩擦。そのまま、股の下に潜り込んでアナルを舐めた。
「んぐっ」
 専務は声と同時に腰を震わせた。手の中のチンポもビクンと反った。私は、陰茎をしごきながら本格的に舐めた。お尻の孔を舐めるなんて人生で初めてのこと。舌先を窄めて、掃くように動かした。汚いとは思わなかった。気持ち良くしてあげられる場所、な認識。
「だ、ダメだって、ソレは」
 専務は突然、腰を引いた。
 でも、時はすでに遅し。限界だったらしい。専務は、乱暴に私の口の中に亀頭を入れてきた。
「ダメだと言ったよな?」
 お仕置きのように何度も亀頭を喉にぶつけてきた。本当に突然だから、私は苦しさと吐き気で涙が込み上げた。
「ほら、出るぞ、出る。しごけ、最後はみあんがしごくんだ」
 口の真ん中ぐらいで止まったチンポを右手で擦って、口の中に全部を出してもらった。
 

 で、それは、こんなことがあった次の時。
 その日の専務は、ご機嫌だった。専務のお勧め通りに背中の真ん中まであった髪の毛を肩まで短く切ったから。
「絶対、そっちの方が似合うよ。きれいなのにお化けみたいな髪型をする必要ない」
 そう言って褒めてくれたっけ。
 私は完全に専務に気持ちが傾いていたから、付き合っていたロングヘアー好きの彼とは別れていた。この男のこともそのうち描くかしらね。とにかくとんでもない男だったわよ。
 専務とのお風呂タイム。専務はボディーシャンプーを手に取って、私の躰に滑らせる。
 背中を何度か往復させた後、真ん中に寄せるようにおっぱいを揉まれるとお風呂に響くほどの高い声が出ていた。
「大きいな」
 専務は私を抱きしめて、私のお尻を撫でるように手を滑らせた。
「あ……やぁん、気持ちいい」
 肉の上でクルクルと円を描いた手が時々アナルに触れる。元彼にアナルを挑まれたことがあるけれど、お尻の愛撫なんてされたことがない。
 私は専務を抱きしめて、専務の手の好きにさせた。
「この前はやられたからな」
 専務は、私の躰にシャワーをかけると、「そこに」と言って、バスタブの縁に手をつかせた。
「え? なあに?」
「この前のお返しだ」
 専務は私のお尻をグイッと割って、割れ目を舐め始めた。
 え?こんな体勢で?
「あ……やぁ」
 お尻……お尻の孔を見られている。恥ずかしい。お尻を揺するけれど、本気では嫌がれない。 けれども、恥ずかしい。
 それなのに、足は開いちゃう。専務の舌が気持ちいい。クリちゃんを舐められると、膝が震えた。
 舌がアナルに移動した。
 舐められた瞬間、背筋がぞぞっとした。それなのに、割れ目が熱くなる。舐められているアナルも熱くなって感度が上がる。
「あ……やぁ……」
 力が入ったから、アナルも強く絞まったはず。専務は、それを舌に感じたのよ。舌は一点をこじ開けようとする。 
 意識すればするほど、気持ち良くなる。
「せ、専務、出ましょうよ。専務の口でしたい。おちんちんお口に入れて」
「みあんは毛深いなぁ。ソソルおまんこだ。今日はもっと気持ちいいことをするぞ」
 専務はペシンとお尻を叩くと、私の手を引いた。

 ベッドに乗ると、ピンクのローターを見せてきた。繭型と細長い物が繋がっているもの。大人のおもちゃを見るのはこの時が初めて。
 私は、興味津々で摘まんでみた。
「ほら、これ。これなら、みあんの中に入れても痛くはないだろう」
 電源を入れると、ブーンよりもジーンと言う振動が来る。
 私は、緊張しながら横になった。専務はおっぱいを舐める。
 そうして、ドロンドロンに蕩けた肉襞を触って来た。
「ああっ、専務」
 私は抱きつく。すぐに専務の指がローターになった。
「ひゃっ」
 正直気持ち良さが分からない。
 けれども、振動がクリちゃんに触れた瞬間。
「はぁぁんっ」
 私は腰を思い切り振りあげていた。
 ローターが離れても、余韻がある。
 クリちゃんが、ジンジンヒクヒクしているように感じた。
「気持ちいいか?」
 私は首を振った。良く分からないけれど、首を振っていた。
「そうか?」
 専務は、またクリちゃんにローターを押し付ける。
「はぁぁぁぁぁっ」
 私はまた腰を強く反らせた。
「じっとしていなさい」
 言われても、していられない。
 私はイヤイヤと首を振った。すると、専務は躰を起こしてチンポを割れ目に入れてきた。
「あああっ……」
 痛くはない。お風呂でのクンニが効いていたの。逆に超気持ち良かった。
 そのまま専務が動くのかと思いきや、専務はチンポを私の中に突き立てたままローターをクリちゃんに当ててきた。
「ああああああああああっ」
 私は腰を反らせる。チンポが抜けそうになると、専務は左手で足首を掴んだ。高く持ち上げて固定する。そうしながら、ローターをクリちゃんに押し付けた。
「ああんっ……やぁ……はぁ……」
 訳が分からない。涙が込み上げた。気持ちいい。でも、苦しい。苦しい。苦しい……ああ、怖い。
 喘ぎ過ぎて酸欠になりそう。
 混乱している私の意識とは裏腹に、躰は顕著に示しているみたい。
「ああ、気持ちいい……みあんの中気持ちがいい」
 専務は、唸るように言うと腰を揺すり出した。
「ああっ……専務……専務」
 チンポの動きが良く分かった。専務の太いチンポが膣襞を擦る。抉る。刺激する。この無理やり感も良かったのかも。足首を掴まれて、オラオラって。でも、動きはスロー。
「お腹に力を入れろ……人前で逝けるようになれば、もっと気持ち良くなるぞ」 
 うぐっ……うぐっ……。
 言われなくても、膣に力が入る。どうしてなのかはわからないけれど、ああ……わからないぃぃぃ。
「はぁぁぁぁぁっ」
 クリちゃんが熱い。苦しい。怖い。太腿が震えているのを自分でも感じた。
 逝った……ああ、逝ったんだ、私。
「気持ちいい……ああ、気持ちいい。無理だ……中に出すぞ……ああ、出すぞ……」
 専務は、ゆっくりなペースのまま私の中に出した。出されたのは、わからなかった。でも、小さくなっていくチンポはわかった。
 
 専務とのお付き合いは、半年ぐらいだったのかな。一年はないと思う。終わるきっかけは、社内に私を好きだという男が現れたから。
 その時のことを描くかは、わからないな。
 そんなに面白くないから……というよりも、あんまり覚えていない。
 営業で、ルックスは悪そうなヤンキー顔で、年上で、でも純で、童貞で酒に弱いぐらい。
 思い出せたら、童貞を食べたお話を描きます。

関連記事
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。