FC2ブログ

専務のチンポはスケベ色 2

 立て膝をついて、とにかく専務のチンポを口に頬張っていた。舌先でのチロチロなんかではなくて、口の中に入れておきたかった。顔を揺すって、専務のチンポを口全体でしごき立てたりしたのだけれど、経験よりもいやに苦しい。もしかして……専務のデカい?太い?って言うよりも、あいつのちっこい?細いんだ。
 
 口を思いっきり開くから、涎が口の横から垂れていく。そんな風にして股間に吸い付く私を専務は見下ろしてかわいいと何度も言ってくれた。
 ああ、嬉しい。気持ちいい。
 同僚に嘘をついて抜け出したことへの罪悪感は全く無くなっていた。
 どれぐらいしゃぶっていたのかな。
「ほら、横になってごらん」
 専務は、腰を引いた。にゅるんと口から出たチンポは私の涎でコーティングされて黒光りをしている。それを見ながら、私は仰向けにされた。専務は寄り添うように身を重ねる。首筋から始まったキスが胸まで下りていく。同時に指が私の割れ目を弄った。ヌルヌルなのが、自分でもわかる。
「あ……専務」
 専務の指は、慎重に形をなぞった。私は、いつの間にかに膝を立てて足の指でシーツを掴んでいた。
「ひっ」
 指一本がぬちゅっと音を立てながら、私の中に入って来た。
「キツイし、硬そうだな」
 数回、指での抽送をしてから専務は躰を起こした。そして、場所を探りながら、チンポをいれてきた。
「あ……ああっ、い、痛いっ」
 予想外の痛み。やっぱり……やっぱりあいつのチンポは小さいのよ。
「痛い?男は何人知っているんだ?」
 専務は親指でルビーなクリちゃんを擦る。
「ふ、二人です」
 初めての男とこの頃に付き合っていた男よ。
「二人か……」
 痛いと言われても、挿れた以上は専務だって出したいでしょ。専務はゆっくりと動き出した。クリちゃんをなでなでしながら、ゆっくりゆっくり私の中を摩擦する。
 それが専務のやり方なのか、私を想ってなのかはわからないけれど、私は気持ち良くなってきていた。
「あ……ああ……せんむ」
 今にまで繋がる性感帯は、きっと専務に開発されたのだと思う。
 専務のチンポは、太いけれども長くはない。だから、発展途上の私の奥をムダに突かなかった。
 そのチンポで後々に中逝きを教えられたのだから、基準になるのは仕方がないこと。
 
 この時は、逝きまではなかったけれども、クリちゃんをなでなでされながら入口を強く摩擦されるやり方に私はかなり悶絶した。
「あ……ああ、専務……あ……気持ちいい」
 専務が既婚者だということをすっかり忘れて専務の肩やら背中を掻き毟った。
 ああ、ホントに気持ちいい。ただ自分の為にひたすら腰を打ちつけてくるあいつのものとは全然違う。
 ギリギリまで亀頭を引いて、また膣口を無理やり押し広げるという動きに夢中になった。
 SEXを愛情表現の一部だと思っていた私に、それとは違う価値観を植え付けたのは、専務だと思う。
 専務は、クリいじりをやめて乳首を吸い始めた。途端に、快感の電流がチンポを摩擦中の肉筒に。
「あ……ああ、いいっ」
 腰がのけぞって、膣に力が入る。気持ちいい……ああン、気持ちいい。
 専務は堪らなくなったみたい。
「だ……ダメだ。気持ち良過ぎる」
 突然チンポを引き抜いて、手でしごきながら私のお腹に精液を出した。
「ん……んんっ……」
 押し殺したような声を洩らしながらクリちゃんに亀頭を擦り付けて、手を動かしていた。

関連記事
現在の閲覧者数: