FC2ブログ

category: 楽欲の辛酸・成美  1/1

〈楽欲の辛酸・成美の章 1〉

No image

娘が寝てから、どれだけぼんやりしていたのかな?静かな部屋に携帯のコール音が響いた。片山さん?震える手で掴むと夫だ。「はい」「あー、成美。ごめん、少し遅くなる。明日のさ、仕込み終わらなくて」ピンと来た。女性だ。でもその相手って……。心に過った珠樹さんを思い出しながら言っていた。「出来るだけ早く帰って来て欲しいの。話があるから」「帰るよ、必ず。絶対に帰るから」夫は切羽詰まっているように応えた。「待ってる...

  •  closed
  •  closed

〈楽欲の辛酸・成美の章 2〉

No image

「これに懲りたら、お友達選びは慎重にしてご主人だけに愛されなさいね」「え?」「ご主人に全部話しなさい。どんな都合があるのかは知らないけど、全部。自分からよ」全部……。「さっき約束したでしょ?あたしの言いなりになるって」「でも」「なぁに?出来ないの?」「いえ」威圧的な物言いにわたしは小さく返事をした。珠樹さんはチラリともこちらを見ないで真っ直ぐ前を向いたままだけど、力を抜いたようなため息を吐いた。「う...

  •  closed
  •  closed

〈楽欲の辛酸・成美の章 3〉

No image

陽菜は健ちゃんの子供。もしそうなら嬉しい。そうじゃなくてもわたし、健ちゃんがいいよ。早くに言えれば良かった。帰って来るかな?家に。帰って来てくれるかな?健ちゃんが会っている人って、珠樹さん?珠樹さん、陽菜の名前を知ってた。言っていないはずなのに。お父さんに似ているってわざわざ言うのもおかしい。家の場所だって、片山さんのことを言う前から向かっていたような……。手の平で顔を覆っていると、携帯音。健ちゃん...

  •  closed
  •  closed

〈楽欲の辛酸・成美の章 4〉

No image

朝、夫はいつもよりも一時間ほど早く家を出て行った。娘は給食アリだけど四時間だから、二時くらいには帰ってくる。その前に、きちんと慶人君に話をしないと。時間はだいぶ早いけど、わたしは携帯を握りしめた。電話帳を出したところで、インターフォンが鳴った。誰?まさか、慶人君?ここまで送ってもらったことはないけど、住宅地の名前ぐらいは知っている。モニターを確認することなく玄関に急いで、返事をした。「はい」「俺……...

  •  closed
  •  closed

〈楽欲の辛酸・成美の章 終〉

No image

孝明さんは、お茶を淹れるのを待たないですぐに帰った。やるせないような悲壮感を背負った背中は、大丈夫と抱きしめたくなる。でも、それでは何も解決しない。片山さん、大丈夫かな?珠樹さんが言っていたのは、このことだったんだ。どうしてそんなことになったの?薬って、だから様子が変だったの?片山さんらしくなかった。清潔な片山さん。でも、片山さん、わたしのことを孝明さんには言わなかったみたい。乱交と称された集まり...

  •  closed
  •  closed
現在の閲覧者数: