FC2ブログ

category: パパは最高   1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

狂愛・パパは最高 1

「いってらっしゃーい」「じゃあ、パパと仲良くね」「大丈夫、大丈夫。心配なんてしないで、ゆっくりしてね。ママは毎日忙しいんだから、今日ぐらいはうーんと羽を伸ばすんだよ」 ありがとう、と言ってママは友達との一泊旅行を兼ねた同窓会に出かけた。 私は早速、お仕事中であろうパパにLINEを送った。頑張って夕飯作るから、早く帰って来てね。寄り道しちゃダメだよ。  愛美 ムフッ。 ママが好きになった人だもん。 ...

  •  closed
  •  closed

狂愛・パパは最高 2

 そんなに目を見開いてぇ。 私の躰が魅力的だったみたい。でも、もっと魅力的なことをしちゃうんだから。「今日はサービスだよ。躰、洗ってあげるよ」「い、いいよ。別に」「ダメ。せっかく二人っきりで親子の絆が深まる時なんだよ。ママには内緒にしておくから。二人だけの秘密で洗わせてよ、パパの躰。ほら、そのタオル貸して」 パパが股間の上で握っているタオルに手を伸ばした。パパの背中にバスタオルに巻かれたおっぱいが...

  •  closed
  •  closed

狂愛・パパは最高 3

 パパはちょんちょんと私の股の間をタオルで拭いてくれた。「はぅぅぅ」 それだけで腰が抜けそうになる。私はパパの首にぶら下がる形になった。まだ余韻があるんだから。「おっとっとっ」 笑いながらパパは左手で私を支えて、洗濯かごの中にヌルヌルするバスタオルを投げた。 それから、私の手を大きな手で包んで脱衣所を出た。 斜め後ろからパパの顔を見ていたら、パパが初めての人でも良かったかも、なんてことまで思う。 ...

  •  closed
  •  closed

狂愛・パパは最高 終

 もう、パパったら。 中出しはママだけのもの。それぐらいのルールは私だって心得ていたつもり。 それでも、パパの中のオトコはそれを認めないのね。「はぁ、ああああ……」 パパは、膝裏から手を抜いて、荒い息をしながら私を抱きしめた。 心臓のバクバク音がものすごく響いてくる。「はぁ……ああ……愛美……ごめん。しちゃった……出しちゃったよ、パパ」 男の人の性なのかな。出し切ると冷静になるのは。欲望を吐き出すとすぐに後...

  •  closed
  •  closed
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。