FC2ブログ

category: 優真61~80  1/2

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・61・やっと収めた主人のペニス

「んんんっ」主人は喉を鳴らして鼻息をかけてきます。私は主人の興奮に腰を撫でることで返しました。「んっ、ああっ、気持ちいいよ」主人は堪えられないように一声上げて胸の谷間へと顔を下ろしました。純白のブラジャーに包まれたままの左胸を揉みあげます。「ああんっ、隆文さん好き」私は主人の後頭部の髪をかき上げて頭を両手の中に抱え込みました。「優真ちゃん……優真ちゃん」熱い息を谷間に感じます。すぐにブラジャーを押し...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・62・童貞夫

ドクドクと流れ出た精液を全て子宮に収めても私の膣道はまだ蠕動運動を続けました。その中で主人のペニスは力尽きて小さくなっていきます。時間を計っていませんでしたが、短い交わりだったかも知れません。ですが私の心は、躰は、十分すぎるほどの満ち足りを感じていました。やっと夫婦らしい夫婦になれたの。これから先ずっと一つのおちんちんしか知らなくても私はいいの。隆文さんが好きよ。だからもっと愛してね。出来れば毎日...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・63・主人のお友達

そんな期待虚しく、一週間のハネムーン中にしたのはこの一回です。旅行後も二週間に一度あれば御の字、という性生活でした。そんなペースでは発展途上は途上のまま。主人には言えませんけど。何度も言いますが、主人はとても優しいのです。ソレ以外のことには何一つ不満がありません。仕事の効率が格段に上がったみたいじゃないか。今度の企画もいい。やる気も見えるぞ、と上司に褒められたなどと嬉しそうに話しまでします。「全部...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・64・主人のお友達と家族旅行

少し動いただけでも汗をかくようになったな。と思ったらすぐにじっとしていても汗をかく季節になりました。金曜の夜に見せる赤ら顔の主人は差し出した酔い醒ましの水を飲みながら言いました。「お盆休みさ、行けるよね?嬬恋。大きい部屋二つ予約したって確認されたんだけど」主人のお友達との旅行のことです。主人を送ってくれたお友達のご家族に旅行に誘われていたのです。「うん。楽しみだね。この前はさ、すぐに帰っちゃってお...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・65・裏切りへの序章

途中、花鳥園に寄って宿泊地にチェックインをしたのは二時でした。せっかくみんなで来たんだし。混んでいるからどうせそんなに回れないよ、という舟橋さんに頷いて施設の中を六人で一緒に回りました。ゴーカートに楽しそうに乗る立川さんと祐樹君をデジカメに収めたり、パターゴルフ場で主人と並んだところを撮ってもらったりと混んでいる中でも充実した時間を過ごしました。なにより、私にとって大収穫だったのが舟橋さんも立川さ...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・66・男の躰に欲情するのは女の性

「ほらほら、奥さん。飲もうよ。あ、その前に浴衣に着替えちゃう?俺、着替えちゃおうかな」舟橋さんはソファーからいきなり立ち上がって着ていたTシャツと短パンを脱ぎました。目の前で紺地に水玉のトランクス一丁になります。しかも前面に膨らみがあります。よりによってその口から赤黒い先端がちょろっと見えました。「あ、あの」さすがに慌てます。だって主人のお友達のモノですよ。釘づけになりそうな視線を意識して逸らして...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・67・動画のようなマッサージ

「失礼します」ああ、こんなセリフを動画の女性も言っていたな。思い出せば思い出すほどなりきってしまいます。私は床に膝をついて、背中から肩までオイルを伸ばしました。甘ーい香り。なんだかマッサージを施しているこちらまでリラックスして、果ては誘われてしまいそうなのは私が満たされていない躰だからでしょう。肩を撫でてから両手を背骨に沿って真っ直ぐ下ろしました。「気持ちいい」舟橋さんの言葉を嬉しく思いながら何度...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・68・鼠蹊部を滑る指

横で正座をすると舟橋さんは言います。「真ん中に来てよ。その方がバランス良く力が入るし」足まで大きく開きました。ここまで来たらどのような形でやっても同じでしょう。見てはいけないものを見てしまったし。私は両足の間に移動して両手にオイルを取りました。オイルを手に取ると真っ先に赤黒いペニスに両手を伸ばしたくなります。ヌルヌルとした艶を纏わせてもっと、もっといやらしくしてみたい。黒光りするおちんちん。ううん...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・69・二人の男の策略に堕ちる時

私は立川さんに、というより舟橋さんより赤みが強いペニスに導かれて隣のベッドに移りました。舟橋さんと同じように両足を開くので真ん中に正座をします。立川さんのペニスは亀頭の部分がやたら大きいようです。その分、長さが舟橋さんよりは無いような。でもその出っ張りにGスポットを擦られたら潮吹いちゃうかも……。慣れとは恐ろしいものです。お友達のモノなんだからと、あれほど気を使って見ないようにしていたのに私は遠慮な...

  •  closed
  •  closed

人妻優真の淫らな記録・70・捏ねられ叩かれるクリトリス

大陰唇、小陰唇、さらにはクリトリスまでが主人のお友達である舟橋さんの指全体にすっぽりと覆われます。「ああっ」私はその瞬間、よりによって立川さんを見つめていました。頬を引き攣らせながらも色を変えてしまう瞳を認めて立川さんはニヤニヤをさらにいやらしく歪めます。感じているくせに。そんな言葉がその顔から聴こえました。「ああ、ヌルヌルだよ。奥さん、すごいヌルヌル」舟橋さんは性器全体を優しく一度撫でてから乱暴...

  •  closed
  •  closed
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。